どういったかつらがフィットするのかご紹介

かつらは頭皮に装着して使う物ですが、価格によって作りが違ったり、装着感に大きな差が生じます。一般的には、価格帯が上がる程密着性が高まり、様々な頭部の形状に合致しやすくなります。ただ、比較的低価格な製品でも、フィット性を高めて作られている物もあるので、フィット感重視で予算に合わせ選ぶことが可能です。頭部にフィットすると、まるで体の一部のように感じられたり、ずれる心配なく一日中着用することが出来ます。決して安くはありませんが、常用したり長期間使用する物なので、後悔しない製品選びを行う必要があります。フィット感の良し悪しは、頭皮と密着する土台部分で決まりますから、この部分に注目して、相性の良い物を絞り込むと効果的です。体の一部のような装着感は、まさに理想とされますし、男女を問わず重要性が高いポイントと捉えられています。

フィット感の良いかつらはオーダーメイドが有利

体に着る物と同じく、頭部に着用する物も、フィット感が付け心地や使用感を大きく左右します。市販されている製品は、多数の人が無理なく使えるように作られているので、頭部が平均的な形状から掛け離れていれば使用感に違和感が残ります。頭部の形が良ければ、完成品でもフィットする可能性はありますが、多くの場合は何処かに違和感を覚える恐れが生じます。フィット感を最重視する場合、費用は総じて高額になるものの、やはりオーダーメイドが最善の選択肢です。オーダーメイドでは、頭部の形状を元に製品が形作られるので、市販のどの製品よりもフィットする結果に結び付きます。このような製品は、髪の質感や全体のバランスが注文出来たり、アフターが万全で安心感が得られたりと、価格に見合う充実感があるのが特徴です。

低予算でフィットするかつらは二層構造

オーダーメイドでフィット感が高まる理由は、頭部の形状に追従する、土台の完成度が高いことがその一つです。頭部にキャップを被り、その上からウィッグを装着する二層構造は、低価格ながらも装着感が優れています。キャップが頭部にフィットするので、上に被せるウィッグがずれることはなく、最終的な仕上がりは自然なのが利点です。密着性は、オーダーメイドタイプに若干劣りますが、代わりに価格の安さと通気性が備わるので、予算に合わせて選べる十分な選択肢に加わります。ウィッグの部分は密度が高く、キャップのフィット感と合わせて、間近で見ても被っているように気が付かれることは稀です。どちらが良いかは、予算や求める物によって違いますが、低価格の製品も選択候補に加えるだけの質の高さがあります。