実際の画像でみるかつらのビフォーアフター

「かつら」と聞くと、年配の方々が被っているイメージが先行して、買うことはもちろんお店を覗いてみることも、試着することさえも抵抗がある方が多いかもしれません。しかし、それも一昔前までのこと。今では若い子がおしゃれのために使用したり、医療用として使用されることも増えてきています。そのため、フルウィッグだけではなく、ポニーテール部分に使える毛先部分だけの物や、サイドだけ垂らせるものなどの部分かつらなど種類も豊富です。色についても同じ茶色でも細かく何色にも分かれており、より自身に似合う形や色を選ぶことができます。また、値段についても格安のものから高価な物まで幅広くあるため、性別や年齢を問わずに誰でも気軽に試すことができるようになってきました。

そこで自身に似合う自然なかつらを選ぶには

アジャスターがついていて、サイズ調節できる物を選ぶこと。今はインターネットでも手軽に格安に購入することが出来ますが、安いから不自然ということはありません。どんな物でも自身にフィットしていればとても自然におしゃれに着用出来ます。そのため、調節可能と記載があるものを選びましょう。人によって頭のサイズはそれぞれのため、調節出来ない物ですと、装着しても不安定でズレたり風で飛びそうで不安で気になるどころが、浮いた感じがし、不自然に見えてしまいます。また、次に、毛の質や素材、つむじにも注意してみてください。実際に店頭で見る場合はもちろんインターネットでも、意外と詳細に記載してあります。不安な場合は色々な角度から撮影した写真のあるものを選ぶと良いでしょう。

毎回自然に使いこなすにはどうすればいいのか

折角自身に似合うウィッグを見つけたとしても、使用回数が多いとどうしても最初に購入した時の状態とは変わってきてしまいます。それは、ウィッグとは消耗品だからです。そのため、いくら高いものを買ったとしても、使用回数が増すにつれて、傷んでしまいます。それではどうすればいいのでしょうか。まずはお手入れです。頭に直接かぶるものなので汗がついたり、空気がこもってしまいます。そのため、使用後はスタンドに立てかけて、空気を通すことが必要です。そして、数回着用した後は専用のシャンプーで洗い自身の髪と同様のケアをする必要があります。また、お気に入りを1つではなく、2~3個作っておき、交替で使用することをお勧めします。それで均等に使用することができますし、他のものを使用している間に空気を通すことでより自然な状態を保つことができます。1つのものにとらわれず、色々なタイプや色などこれを機に挑戦してみてはいかがでしょうか。