自分にあったかつらの選び方とは

薄毛や脱毛に悩む人は、育毛剤を使ったり病院に通う人もいるでしょう。しかし効果が見られなかったり、今すぐにでもどうにかしたいという場合には、かつらを着用するという方法があります。しかし、安いものや昔のものなどには中途半端なものもあり、逆効果となる可能性があるのも事実です。しかし近年では、かつらの技術もかなり進化し、ベースとなる部分の厚みがほとんどないものや、装着方法も多様化してきています。着用しても本当に自然なものを求めることも可能になってきています。しかし本当に自然さを求めるのであれば、お金も時間もかかることになります。以前に比べると高度な技術を要するものであっても、比較的値段は下降傾向にあります。とはいってもまだまだ高額な費用がかかるといえます。それでは自分に合ったものを選ぶためにはどうすればよいのでしょうか。

できるだけ費用をかけずに経済性を重視する場合

以前よりも値段は下降傾向にあると言いながらも、まだまだかつらは高級であるといえます。しかし経済性を重視するのであれば、安く利用する方法もいくつかあります。まずは既製品を使用する方法です。オーダーメイドではなく既製品を利用することで、オーダーメイドの商品の半額から3分の2ぐらいの値段で購入することができるようになります。この問題点としては、値段を抑えられる分、自分の頭にしっかりとフィットしなかったり、実際の髪の毛の色と合わないこともあります。そのため自然さについては満足いかない可能性もあります。修理などのアフターフォローについても、オーダーメイドよりも少ない傾向にあります。ある程度自然さがあり、部分的に脱毛しているところを補いたいというのであれば、価格が安くなる既製品を使用した方がよいといえます。

利便性を重視する場合の選び方とは

利便性を重視するのであれば、取り外しをする必要がなく、シャンプーができ、手間をかけないものを選ぶと良いでしょう。装着用の金具やテープを使って装着する場合には、価格は安くなりますが、利便性を求める人には向いていないといえます。利便性を重視する場合には、編み込み式のものを選ぶと良いでしょう。取り外しの必要がないので毎日の装着や脱着の手間が省けます。しかしこの装着方法の場合には、地肌にしっかりとはり付けることが必要になります。また24時間365日常に肌に身につけていなければいけないので、肌がいたんでしまうことも考えられます。シャンプーをした時にも自分の地肌をしっかりと洗えないということも問題になるでしょう。この方法をとる場合にはアフターフォローが重要になってくるので、商品とサービスをしっかり比較して購入するようにしましょう。